2021年8月25日

メルマガ

太陽光発電が災害被害にあってしまったら?【HEC通信vol.20】

こんにちは!株式会社堀内電気のメルマガ担当です!
初めましての方はよろしくお願い致します!

お盆付近に降り続いた大雨。
各地で記録的な大雨となりました。

TVやネットでは警報が毎日のように流れ、
土砂災害や浸水害に見舞われた地域が多くあり、
恐怖を感じるほどでした。

 

 

今回は、
「太陽光発電設備が災害被害にあってしまったら?」
このテーマでお話ししていきます。

太陽光発電設備でもし事故が起きた場合、
事故報告義務があるのをご存じでしょうか?

高圧太陽光発電設備(50kW以上)はもちろん、
2021年度から低圧太陽光発電設備(10〜50kW未満)
事故報告が義務化されています。


具体的には、

①感電などによる死傷事故
感電や電気工作物の破損等で死亡または入院した場合。

②電気火災事故
電気工作物が原因の火災が発生し、山林等損害を与えた場合。
電気工作物にあたっては半焼以上(20%以上)の場合。

③他の物件への損傷事故
第三者の物件に対し、本来の機能を損なわせる被害を与えた場合。
太陽光パネルの飛散や、敷地内の土砂流出などでの被害が該当。

④主要電気工作物の破損事故
主要電気工作物の破損に伴う運転停止や使用不可となる場合。
太陽光パネルの半壊(20%以上)、架台、基礎の損壊などが該当。

この4つの事故が報告対象です。
自然災害が原因の事故も報告対象になります!

事故を覚知したときから
24時間以内事故の概要について
30日以内事故の詳細について
設備所有者から報告を行わなければなりません。

詳しい内容や報告方法については
経済産業省のホームページをご確認ください。
↓ ↓ ↓

経済産業省
「小出力発電設備についての事故報告義務化について」👆

災害大国の日本。
近年特に猛威を振るっている自然災害。

不安になりますよね。

しかし、太陽光パネルの強度はJIS規格で定められており、
耐風圧荷重は2,400Paに耐える設計となっています。
風速であれば62m/秒。
基本的には、
台風にも耐えられるように設計されています。

そして、これまでもご紹介してきました、太陽光発電には
停電時にも電気が使えるというメリットがあります!

停電が起こってしまった場合、
太陽光発電設備があれば
日中は太陽光から発電し、電気を使用することができます。

さらに蓄電池があれば、
太陽が沈んだ夜間でも
日中蓄電池に蓄えた電気を供給することができるのです。



太陽光発電は
災害時には電気供給元として強い味方となります!!

太陽光発電設備の災害対策として
定期的に設備のメンテナンスをすることが大事です。
部材が緩んでいないかのチェック等、
小さなことでも災害のリスクを減らすことができます。

堀内電気では
グループ会社の株式会社eパワー
太陽光発電のメンテナンス承っております。
メンテナンスについて詳しくはこちら
↓ ↓ ↓

太陽光発電メンテナンスについて詳しくはこちら👆

また、万が一のときのために
しっかりと保険に加入しておくというのも大事ですね。

こういった災害が頻発しているのも、
地球温暖化が加速しているからと考えられます。

CO2を出さない再生可能エネルギーの普及を進めることが
地球や私たちの生活を守る一歩となるはずです!

 太陽光発電設備・メンテナンスのご相談はこちら☟

お見積り依頼はこちらをクリック👆

それではまた次回のメルマガもお楽しみに♪

❒本メールは、弊社営業と名刺交換頂いた方、資料請求・お問い合わせ・御見積り依頼・工事をさせて頂いた方、経済産業省の事業計画認定情報をもとに配信しております。
❒本メールは送信用となりますので、お問い合わせに関しましてはこちらからご連絡頂きます様、お願い致します。


【メールアドレス変更】
 メールアドレスを変更ご希望の方は下記お問い合わせ画面よりお願い致します。
メールアドレス記入欄には現在のメールアドレスをご記入頂き、
お問い合わせ内容記入欄に「メールアドレス変更希望:(新しいメールアドレス)」とご記入ください。
お問い合わせはこちらからお願い致します。

【お問合わせ先】
株式会社 堀内電気
〒812-0861
福岡県福岡市博多区浦田1-5-46
電話番号 092-513-3377 FAX番号 092-513-3388
堀内電気のホームページ

     

堀内電機ロゴ

本社 〒812-0861
福岡市博多区浦田一丁目5番46号
TEL.0120-026-180

ソフトバンク_ロゴ