2021年10月6日

メルマガ

EVやPHVを有効活用!今注目のV2Hとは?【HEC通信vol.23】

こんにちは!株式会社堀内電気のメルマガ担当です!
初めましての方はよろしくお願い致します!

今注目の「V2H」とは?


現在、太陽光発電では

「自家消費型」が
注目されているというお話をしてきました。

自家消費型の太陽光発電とは、
太陽光で発電した電気を電力会社に売るのではなく、
家や事業所で自ら消費することです。

この自家消費型太陽光発電と併せて
今注目されているのが「V2H(ブイツーエイチ)です!

V2Hという言葉はあまり聞き慣れないでしょうか?

V2Hとは
Vehicle to Homeの略で「車から家へ」を意味しており、
電気自動車に蓄えた電気を家庭や会社で
有効に活用するためのシステムです!

EV(電気自動車)やPHV(プラグインハイブリット車)に充電するには、
家や会社に設置している
専用充電器やコンセントを使用して充電を行います。
この場合、家から車へ充電する、一方的な電気の流れのみとなります。

しかし、V2Hを導入した場合、
双方の電気の流れをつくることができます!!

家から車へ充電することはもちろん、
車から家へ給電することが可能となるのです♪

さらに、V2H機器の種類には、
大きく分けて系統非連系型系統連系型があります。

V2Hで使用できる電気は3つです。
①EVやPHVのバッテリー
②電力会社からの電気
③太陽光発電からの電気
(太陽光発電設備を設置している場合)

これを踏まえて
系統非連系型と系統連系型の仕組みをご説明します(^^)/
↓ ↓ ↓

【系統非連系型】

電力会社や太陽光発電からの電気と、
EV/PHVからの電気を切替えて使用します。

系統非連系型のV2H機器の場合、
EV/PHVバッテリー
電力会社からの電気
太陽光発電からの電気
この3つの系統を同時に使用することはできません!

EVやPHVから家に給電しているときには、
電力会社や、太陽光発電の電気は使用できないということです。

また、停電時に太陽光発電からEVやPHVに充電することができないため
災害時等、十分に効果を発揮できないかもしれません💦

【系統連系型】

EV/PHV給電中でも、電力会社や太陽光発電の電気を
同時に使用することができます。

系統連系型のV2Hの場合、
EV/PHVバッテリー
電力会社からの電気
太陽光発電からの電気
この3つを同時に使用することができます!

また、停電時に太陽光発電からEVやPHVに充電が可能です★
太陽光が差しているときに充電し、
夜間に使用するということを繰り返し行うことができ、
災害時等も最大限に効果を発揮できます!

堀内電気のHPにもご紹介していますので
ご興味のある方はご覧ください♪
↓ ↓ ↓

EV・V2Hについてはこちらをクリック👆

今注目のV2Hの仕組みについてご理解頂けましたでしょうか?

自家消費型太陽光発電と併せて

系統連系型のV2H設置がおすすめです!!!

次回も引続きV2Hについて詳しくお話していきます♪
それではまた次回のメルマガもお楽しみに♪

太陽光発電設備・メンテナンス・電気工事のご相談は
こちらをクリック👆

❒本メールは、弊社営業と名刺交換頂いた方、資料請求・お問い合わせ・御見積り依頼・工事をさせて頂いた方、経済産業省の事業計画認定情報をもとに配信しております。
❒本メールは送信用となりますので、お問い合わせに関しましてはこちらからご連絡頂きます様、お願い致します。


【メールアドレス変更】
 メールアドレスを変更ご希望の方は下記お問い合わせ画面よりお願い致します。
メールアドレス記入欄には現在のメールアドレスをご記入頂き、
お問い合わせ内容記入欄に「メールアドレス変更希望:(新しいメールアドレス)」とご記入ください。
お問い合わせはこちらからお願い致します。

【お問合わせ先】
株式会社 堀内電気
〒812-0861
福岡県福岡市博多区浦田1-5-46
電話番号 092-513-3377 FAX番号 092-513-3388
堀内電気のホームページ
      
      

堀内電機ロゴ

本社 〒812-0861
福岡市博多区浦田一丁目5番46号
TEL.0120-026-180

ソフトバンク_ロゴ